インビザライン矯正とは

bnr_04_off.png
インビザライン(Invisalign)矯正は、アメリカのアライン・テクノロジーという会社が提供しているマウスピース型の矯正システムです。
世界82カ国以上で340万件を超える治療実績があります

矯正前の歯型から、コンピュータによる3Dシミュレーション等を使用して理想の歯列を導きだし、薄い透明なマウスピース(アライナー)を患者さんの歯並びに合わせて、最適な個数を一度に作成します。歯並びによって、アライナーの数は10個~50個くらいまで変わってきます。(もっと多い人もいるかも)
基本的にアライナーは7日~14日ほどで新しい物と交換します。
1つのアライナーにつき、約0.2mm~約0.3mmずつ歯が移動するように設計されていて、アライナーを新しい物に交換していくと、徐々に歯列が整う仕組みです。

ほぼ透明ですので、装着していても周囲から気づかれることはほとんどありません。

ワイヤー矯正(従来の矯正方法)のように、見た目を気にする必要がないため、ストレスフリーに過ごすことができます。

金属アレルギーのある方にもおすすめの矯正法です。


《インビザライン矯正のメリット》

◇目立たない
アライナーが透明なので、目立たなくて、周りの人に気づかれにくいです。

◇痛みや違和感が少ない
インビザラインは、厚さ0.5mmのアライナーを7日~14日ごとに交換していきます。
1つのマウスピースで歯を動かす距離が少ないため、痛みも少ないです。
また、アライナーが薄いため、ワイヤー矯正よりも異物感が少ないと思います。

◇取り外しができる
アライナーは、必要に応じて自分で取り外しが可能です。
食事や歯磨きの際には取り外しますので、口内衛生や口臭面での心配がありません。

◇通院回数が少ない
これは歯医者さんや症例にもよるのですが、2~3ヶ月に1回しか通院しない、なんて方もいらっしゃるみたいです。私の場合は、月に1回の通院で、新しいアライナーを2個いただいています。



アライン・テクノロジー社のサイトによると、インビザラインは、より確実で快適な治療が提供できるよう日々改良が加えられ、進化し続けている矯正システムだそうです。
大勢の利用者がいるということは、それだけたくさんの症例が集まっているということですので、より良い製品作りへの研究が盛んなのでしょう。

ただ、すべての人の歯並びに対応しているわけではなく、歯並びによっては、従来のワイヤー矯正が望ましい場合もあるようなので、歯並びをなんとかしたい方は、とにかく一度、歯医者さんに相談に行ってみることをおすすめします
相談無料な歯科医院もたくさんありますよ。
私も相談無料の歯科医院を選んびました。
(そのときのことを記事にしています【2016/01/13 無料カウンセリング】

いろいろと不安はあると思います、始めてからも不安だらけですが、インビザラインで矯正したいと思ったら、自分が信頼できる歯医者さんを選んで、ぜひ始めてみてください。
きっと世界が広がることを実感できる日がきます。
(私もまだ矯正途中ですが……

【公式】インビザライン・システム

アライン・テクノロジー社の公式サイトです。

Twitterでも歯列の写真やインビザラインについてつぶやいております

2017/03/22 アライナーNO.23

アライナー23個目です。
そろそろ本当にエンドが近いようで、毎度の先生にも「あと少しで終了」のお言葉をいただきましたが、あと少しとはどのくらいの期間をさすのでしょうね。

IMG_5878.JPG
最近の歯列です。



IMG_3720.JPG
このあたりと比べるとだいぶマシになったとは思うのですが……
これで終わり?? って感じではあります。

もともと抜歯を選択しなかった時点で、ある程度までしか歯列を奥側にもっていくことはできないと言われていましたが、やっぱり欲がでちゃいます。
もう少し整えたいと。
シュミレーションを見せてもらってない分、過度に期待してしまったな。
かと言って、無個性な歯列にも興味はないし。
矯正されている方はここ悩みどころではないでしょうか。私だけでしょうか。
これからの方には、クリンチェック(歯列が整っていく過程のシュミレーション)を必ず見せてもらって、ある程度のイメージを確認してから始めることをオススメいたします

最近思った、『矯正を始めてよかったこと』を一つ。
一年経って感じたことですが、目標をもって生活することの大切さを実感しております。
歯列を整えるために、生活を見直し、自己を管理をし、金銭面を管理をする。
一つ一つのことを積み重ねて、日々を生きていくって気分がいいですね。
ちょっと大げさですが

カテゴリ

最近のコメント